独立中小企業診断士Ohbaの挑戦中小企業診断士実務
独立中小企業診断士Ohbaの挑戦
業務システムのプロフェッショナル&中小企業診断士の挑戦の日々をつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦略と原価計算は切り離せない
みなさんこんにちは。

今回は、コンサルティング実務のお話しでもしようと思います。

今年は様々な案件を経験させていただきました。
その中でもニーズの多かったと感じる原価計算のお話しです。

企業は利益を出すことを非常に重要な事項として考えています。
そのためには、何を売るといくら儲かるのかがわかっていないといくつ売る必要があるかがわかりません。
当然の話ですね。

なのに、これが結構わかっていない企業が多い。
正確には、商品の少ない頃はある程度粗利益率を把握していたものが、時間とともに商品の種類が多くなるにしたがって、だんだんわからなくなってしまうというケースが多いですね。

売上を上げることばかりに目をとられて、肝心の管理機能がおろそかになるという企業が多いということです。

こういった場合でも、中小企業診断士は原価計算および管理会計導入を行うことは可能です。

手順はだいたいこのような形でしょうか。


①まずは昨年の原価計算から
原価計算は企業に残っているデータベースを検索することから始めます。
私はデータベーススペシャリストなので、データを検索するおとはお手のものです。

しかし、このデータにも癖があります。
データベースに登録されているデータでさえ、データの不整合やら欠落やらが見受けられる場合があるんですね。
その際には、ヒアリングを行う、受注書と突き合わせてデータの癖をつかむといった地道な作業を行うことになります。

他にも燃料費や光熱費、人件費を分析し、どの商品にどの割合で時間を割いているかを分析していき、一つずつ費用項目を按分していきます。

②わからないものは仕方ない
場合によっては棚卸情報や、商品別の水道光熱費まではつかめないといった企業も多々あります。
その場合は、妥協ポイントを探るしかありません。

例えば棚卸情報がわからないなら原価ベースでなく仕入ベースで計算することもあるかもしれません。
水道代のみは均等按分することがあるかもしれません。

大事なのは、データをつかめないから計算をやめるのではなく、それでも原価を求めることです。

社長が知りたいのは「A商品の粗利が75.42%」という情報ではなく、「約80%」という情報でもいいんです(正確なことに越したことはないですが)。
まずは、実態をつかみ、戦略に活かすことですから。

粗利が約80%の商品Aと約30%の商品Bでは、どちらを販促に活用するかは明らかです。
こういった戦略に使える情報に落とし込むことがゴールであるならば、どこかで妥協点を探りながら原価を算定することには大きな意味があります。


③管理会計導入のために業務を変える
ここまでできたら、次は今後正しい原価計算を行うために、データを抽出できるようオペレーションを変えていく必要があります。

そこで日報や棚卸業務、システムの入力作業などを一つ一つ整理していきます。
それでも設備設計上、水道光熱費等はきれいに按分できない場合も多いんですけどね。

ここで大事なのは、業務負荷への着目ですね。
私はできるだけ使いやすいExcelなどのマクロ機能を活用する等によって、業務負荷を上げないように業務を効率化していきます。
それくらいのフォローは診断士側ですべきでしょう。


今日はつらつらと原価計算や管理会計導入の手順まで説明したので長くなっちゃいましたね。
診断士は意外とこんなこともできるんです。
それを知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
講師業のしんどさ
みなさんこんにちは。

本日からしばらくは講師業のお話をしようと思います。
最初は講師業で感じたしんどさのお話です。


■ 想像どおり(?)準備が大変

講師業がどこで給料が発生するかというと、当然講義をしている時間のみに対する対価となりますよね。
しかし講師は、講義の前に実は相当な予習をすることになります。

まずは、忘れかけていたことを思い出す作業。
全てを100%バッチリ覚えている人はいません。

これは私がSEとして相当経験を積んでいるにも関わらず、ハードウェアの細かいコネクタの名前なんて意識して覚えていないということを考えれば明らかです。

同じことを何度もしゃべっていても、担当の講義の前日になってちょっとしたことを忘れている事に気づきます。

それを思い出す作業が必要になります。


■ 事例を考える作業

私の講義は基本的に教科書を読んでいる時間が短いんですね。
というのも、教科書はわかりづらい表現ばかりですから。

これは教科書にはかっちりした定義を書く必要があるので仕方ないですよね。

教科書と知識のギャップを埋めるために多様なたとえ話を盛り込みます。
これを考えるのがまた難しい。

当然そこまでいくには、十分すぎる理解が必要になります。
だから教科書を読み、インターネットからたとえ話の参考になりそうなものを探し、自分流にアレンジします。

時間のかかる作業ですね。


■ タイムマネジメント

毎回同じ話をしていても、不思議なもので時間がずれるんですね。
例えば150分という枠になると5分~10分はずれるでしょうか。

こればかりは少しあきらめています。
とはいえ、定時になると終電等の理由で帰ってしまわれる人がいらっしゃいますからね。
やっぱりQCDの安定は課題ですね。


■ 体調

これがなかなか難しい。
いつも調子がいい人なんていません。

講師は喉の調子が悪いと授業になりませんからね。
風邪は絶対ひけない、連日講義があると喉が枯れるということで喉のケアは一つの課題となります。

さらに講義が連日続くと足にきます。
たちっぱなしですからね。

たちっぱなしがいい運動なのかなと割り切ってもいますけどね。


■ 寝ている人がいるとがっくりする

受講生の方だって体調が悪いとき、疲れているときがあります。
だから寝てしまうのは仕方ないと感じています。

ですが寝られてしまうとちょっと自己嫌悪ですね。
単調な講義しているのかなと反省してしまいます。

昔、中学高校時代に寝ている受講生を怒っている先生がいましたが、あれは勇気がありますね。
自分には、できない・・・。


いずれにしても、楽でお金を稼ぐ仕事なんてありませんからね。
こんな苦労があることを覚悟で講師になりたいと思う人が増えると嬉しいものです。
受験校に関わらず、セミナー等で講師をされる方は是非参考になさってください。
おひさしぶりです
前回の投稿からすっかり時間が空いてしまいました。

それまでの数ヶ月間走りっぱなしでしたね。
これまで何をやってきたか、たくさんあるので少しずつ振り返っていきたいと思います。
その前に本日の投稿では、これまでの概況を書いていきます。

■コンサルティング業

今年はとにかくいろんな業種かついろんな切り口でスポットで仕事をすることが多かったですね。
一人で経営されている会社から、M&Aで250人規模の会社になったところまで様々です。

コンサルの切り口もマーケティング戦略、内部統制から原価計算まで様々です。
そういった意味では、自分が企業に与えることのできるベネフィットの幅が広がったのかなと思います。


■講師業

今年はなんといってもこちらですね。
やはり講師はまだまだ不足している感があります。
今年はそこを補うことで、自己研さんと企業への貢献を実現しようと考えていました。

それが想像以上にハードでしたね。
準備をして、講義をして、執筆をする・・・その間のその他の業務を多数こなすというのはなかなか難しいものです。
頭を切り替えるのに苦労しました。


■その他

セミナー講師、あるところでの専門家派遣、(自分の)新規事業の構築などいろんなことをやっていましたね。
新規事業については少し話が止まっているかな。
少し落ち着いてきたので、今年の年末に向けて話を進めていきたいところです。


そのような生活をしていたら、気づいたら半年で休みが5日くらいしかないという生活になっていました。

11月、12月は仕事のスピードをゆるめて、ブログも更新しながら、これまでにあったことや今後の戦略の方向性について説明していきたいと思います。
自分の器用貧乏という特性~Part1~
こんにちは。
飲食とITに強い診断士Ohbaです。

タイトルにも挙げたように、今日は自分の特性に関するお話をしたいと思います。

世の中には器用貧乏という言葉があります。
この言葉は自分に非常によくあてはまると思っています。
正直、中小企業診断士を取得している方なら、多くは当てはまるのではないでしょうか(笑)

新しい仕事、泥臭い仕事、何が回ってきても多少はわかるし、すぐにある程度まわすことはできる。
ただし、一点集中型というタイプではないので、ある分野の超エキスパート、という分野は少ないのが特徴です。

例えば、私はSE時代には実に多数の仕事をまわしてきました。
言語こそC#、VB、Javaの3つくらいしか使いませんでしたが、データベースでいうとoracle、SQL Server、PostgreSQL、MySQL、Pervasiveなど様々なデータベースを活用してきました。

開発してきた業種も通販、メーカー、保険、小売など様々です。
さらに上流工程から下流工程まで全部にどっぷり入り込んで仕事をしてきました。

このような特性を持つ方は業種に関わらず多いのではないでしょうか。


■ この場合自社での差別化要因を伝えにくい

このようなケースでは、実は自社内での評価を上げて昇進する上では少し障害が発生することがあります。
平均的になんでも知っている人というのは何をやってもどこに行ってもすぐにそこそこの結果を出すことが保証されている、という評価になります。

この場合、強み一点集中型の人に比べて、どうしてもその人の下に配置しようかという話になります(正直これが人事構成の失敗でもあります)。
そのため、器用な人というのは中間的な位置づけで仕事をすることが多くなります。

(補足)
企業に属する場合、大手企業が積極的にジョブローテーションを推奨するように、私自身も多くの仕事を経験したのちに強みを掘り下げていけるようなキャリアを選ぶべきだと考えています。

これをやらずに、さっさと強みを固めてしまって、そこで昇進しようと目論む人も多いですね。
短期間でできますし、目立ちますから昇進の確率は確かに上昇します。
しかし、これを評価する仕組みが会社にある場合、かなり問題があると考えます。

理由は
①偏った目標を立て、他を無視、あるいは犠牲にするような傾向が生まれる
②部下の管理ができない
③変化が起きた場合に一度に強みを失ってしまう(のにその人がまだ上にいる)
④感情を理解できない
⑤上司の姿を見習う部下が生まれ、パワーバランスが崩れる
などいろいろあります。

だから丁寧にスキルマップを作って人材管理を行うのですが。

話は逸れてしまいましたが、次回は私がこれで損ばかりしてきた話をしていこうと思います。
業務提携の必要性
こんにちは。
飲食とITに強い診断士Ohbaです。

今日は最近困っていることからの投稿です。

私が携わる仕事はいろいろとありますが、その中でも多くは自分の手だけでは仕事が足りないという場面によくよく出会います。

例えば新規システムの開発、これは人手がかかりますよね。
とてもではないですが、私一人では開発できません。
おそらく要件定義書の作成、各フェーズでのレビューや社内体制との調整といったところまでしかできないでしょう。

それ以外にも、法律に関する問題や就労に関する問題の対応です。
これは中小企業診断士では無理ですよね(手を出すと違法になる場合があります)。
となると弁護士や社労士の方に依頼する必要があります。

ちょっと仕事をしていてもこれだけのニーズを感じているのですから、やはり異業種の方との提携は非常に重要なポイントとなります。

じゃあ友人を各業種あたり一人知っていればOKかというと、全くそんなことはありません。

社労士や弁護士を例に挙げてみても、それぞれ強みのある分野は異なるでしょう。
また、年齢や性格など、状況によって求める人物像が違うことも大きな特徴です。
そのため、今後もいろんな活動を通じて、信頼できる人脈を作っていくことが一つの課題となります。

やはり最近は仕事に忙殺されてしまっているため、そのような活動がおろそかになっていますね。
これではダメだと改めて痛感します。
もう少し活動の場所を広げていかなくてはと思っています。

ちょっと取りとめのない話になってしまいましたね。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。