独立中小企業診断士Ohbaの挑戦その他
独立中小企業診断士Ohbaの挑戦
業務システムのプロフェッショナル&中小企業診断士の挑戦の日々をつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・ベロシティ
みなさんこんにちは。

今週は忙しい週になりそうです。
それもこれも自分のせいなのですけどね・・・。

原因はタイトルのとおり、ザ・ベロシティを2日間で読み切ってしまったためです。
とある診断士の先生との話題で耳にしたタイトルが頭の中にあるうちに、本屋に寄る機会があり、そこで衝動買いしてしまいました。

ザ・ベロシティは、ザ・ゴールの21世紀版ということのようですね。
生産管理の問題解決を小説タッチで描いたものです。

ザ・ゴールもザ・ベロシティも生産管理の学問を学習している、というより小説を読んでいる気分になり、ストーリーの続きが気になって本を置く気になれないタイプの本です。
結局のところ、生産管理の解決方法の論点は必ずしも多くなかったのですが(論点を絞っているので当然です)、それを500ページ以上の小説につなげるという発想はいいですね。

この小説には、TOCやリーン、シックスシグマといったツールが紹介されています。
こちらは生産管理好きの人が小説を読んで理解していただければいいでしょう。

それ以上に私が感心したのが、仕事のシングルスレッド化ですね。

みなさんも経験があるかもしれませんが、仕事が大してできるわけでもないのに、自分は会社の重要人物だと見せるための方法として、「あえてたくさんの仕事を抱える」という方法があります。
わざと仕事をたくさん受け、だらだらやり、さも大変に見せる。
さらにその仕事を暗黙知化する。
そうすると、その人以外に対象の仕事をこなせる人がいなくなるので、クビを切れなくなる。

こういう人を抱えた会社は多いような気がします。

対策として、会社の仕事は極力標準化を進める、個人別にスキルマップを描く、冗長化(同じ仕事を複数の人物ができるようにすること)を持つことは常に意識しておく必要がありますね。
その上で、一つの仕事のみに集中する状態を作れば(シングルスレッド)、ごまかしがきかないのでさぼる事もできないし、仕事に対する生産性も上がります。

そういえば、難しい、とっつきづらいテーマを小説にするというのは、大学受験等でも応用できそうですよね。
ちょっとした入門書にはいいかもしれませんね。
スポンサーサイト
Facebookで復活する縁
こんにちは。
飲食とITに強い診断士Ohbaです。

本日は実務とは関係ない話を。


昨日は、私の友人と夫妻同士でのカラオケ新年会をしていました。

この友人は、私の中学校、高校の塾の同級生です。
いろいろなことがありましたが、彼は文系、私は理系で、中高からお互いのレベルもよくわかっているという状態の気心の知れた人です。

大学は京都と横浜という地理的な遠さもあり、一度は連絡が切れていました。

ですが、Facebookを通じて再会したんですよね。
彼は司法試験に合格し検察官、私は診断士というお互い士の付く資格を持っていました。

やはり、お互い忙しい時期を経験していることもあり、連絡が途切れることは必然だったのでしょう。


これとは別に、私には多数の塾で知り合った友人がいます。
こちらは今も関係は続いているわけですけどね。

たまにみんなで会って食事をするなどということがあります。


話は昨日の集まりに戻ります。

友人の奥さんと初めて会ったんですね。
この方も広島の方。

で、よくよく話を聴いてみると、どうやら共通の友人がいる模様。
それが塾で知り合っていた別の友人だった、ということでした。


人とのつながりは、いつどんなところで誰と誰がつながるかわかりませんよね。

自分は大学時代にあまり中高時代の友人と連絡を取らなかったので、一度切れてしまうという友人がまあまあいます。
そういう縁を取り戻すツールとしてFacebookは本当に使えるツールですね。

これまでのFacebookのなかった時代では、過去に連絡を取らなかったら絶対切れてしまうというのが常識に近い認識だと思います。
ですが、これを打破できたということで、妙な感動があったんですよね。

逆につながりたくない人ともつながる恐れがあるのもFacebookですが(笑)

Facebook、恐るべしと感じた昨日なのでした。
小笠原諸島
**********************************************************
セミナーを実施します!
テーマ「なぜあの店は繁盛しているのか?」

7月15日(金)
武蔵小山創業支援センターにて

第一部:18:30~21:00 5,000円(書籍持ち込みで3,000円)
・売れる店と売れない店の特徴
・売れるサイクルを呼び込むための方法


第二部:21:00~(希望者のみ) 5,000円
・売れるお店を実体験する(二次会)

ご興味のある方はお問い合わせに必要事項を記載して
「セミナー参加希望」とお書きください。
詳細をメールします。
**********************************************************

小笠原諸島が世界遺産に登録されましたね。
今回は、小笠原諸島のお話です。

小笠原諸島に行かれたことがある方は少ないのではないでしょうか。
私は、一度小笠原には行ったことがあります。
もう3年ほど前ですが。

個人的にも思い入れのある小笠原に行ってみて、いろいろ素晴らしいことや感じたことを書いてみます。


【船でしか行けず、日程をカスタマイズしにくい】

 小笠原諸島には船でしか行くことができません。
しかも船は週に2本程度しか出ていません。
私が行ったのは1月と、オフピーク時に行ったため、木曜に出て水曜に帰ってくるという日程しか選択できませんでした。


【一人旅には最適なのでは】

 上記のことが、ある場合では長所になります。
小笠原諸島にて、船が限定されているため、みんな同じ日にホテルについて、同じ日数だけ宿泊して、そのまま同じ船で帰ることになります。

 そうすると、毎日同じ人と接することになり、そのうちに打ち解けて、一緒に行動することになります。
私もおじちゃん、おばちゃんと楽しくハイキングしたのを思い出します。

当初27歳くらいでしたでしょうか。
年齢という枠組みを超えられるのはよかったですね。


【一年中泳げる環境】

小笠原は沖縄とは違い、年中泳ぐことができるという特徴があります。
私も、1月にシュノーケリングを楽しみました(多少寒かったですが)。


【現地の自然や歴史がたまらない】

 私は小笠原諸島に行って、初めて海を見たと言ってよいような感想を覚えました。
海の青さが違うんですね。

小笠原1

小笠原2

他にも、海岸の砂浜が全て珊瑚だったり、戦艦がそのまま沈んでいたり、潜るとすぐに珊瑚とカラフルな魚がいたり、ふつうの日本の旅行では味わえないたくさんの観光ポイントがありました。


前回はシュノーケリングはやったのですが、ダイビングができませんでした。
時間ができたら再度小笠原へ行ってダイビングと、夜の動物ウォッチングのツアーに参加したいですね。

当時は携帯もつながらずネットもできませんでしたが、そういった非日常を楽しむには最適な場所でした。
中小企業診断士として活動を開始します!
今日から中小企業診断士として活動を開始することになりました!

ただ、独立・開業に踏み切る前に地震という、非常に大きな外部環境変化があり、前途は多難です。
でもやるしかない。

診断士として、世の中の中小企業をよくし、地域の雇用を生み出したり経済の発展に寄与したりするニーズは、これからもますます高くなっていくはずです。
自分自身のITコンサルタント、開発者としてのノウハウと多くの人とのネットワークを活かして、少しでも多くの中小企業に便益を与えていければと考えています。

テーマ:独立・開業 - ジャンル:ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。