独立中小企業診断士Ohbaの挑戦2011年07月
独立中小企業診断士Ohbaの挑戦
業務システムのプロフェッショナル&中小企業診断士の挑戦の日々をつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IT業界の戦略オプションを考える~Part3~
**********************************************************
セミナーを実施します!
テーマ「なぜあの店は繁盛しているのか?」

セミナーズにて、アクセスランキングトップ3以内をキープ!
是非、この機会に奮ってご参加ください。
http://www.seminars.jp/user/seminar_d.php?sCD=53153

7月15日(金)
武蔵小山創業支援センターにて

第一部:18:30~21:00 3,000円
・売れる店と売れない店の特徴
・売れるサイクルを呼び込むための方法


第二部:21:00~(希望者のみ) 5,000円
・売れるお店を実体験する(二次会)
**********************************************************

暑い日々が続きますね。
急に暑くなったと感じたせいか、ここしばらく夏バテ気味です

前回の記事の続きです。
前回はPart1Part2

今回は、IT技術者の育成の話です。
技術者出身の私なりの意見になりますので、若干の偏りがあるかもしれません。
あらかじめご了承を願います。

今回は、全IT技術者の育成のために必要だと思われる育成について語ります。

まず、ITプロジェクトによく見られる、正しく育成されなかった管理者の特徴について述べます。

① 管理ができると言いながら、根拠のない納期を引くだけ
② ①のために、技術者が納期遅れを頻発する。その技術者に対し、ただ叱るだけの体育会系指導(指導ではないが)。
③ できれば自分のおかげ、できないのは技術者が無能だから、といったスタンス。

こういった管理者が多い印象があります。
少なくとも、自分もこの手のタイプの管理者に当たったことが何度もあります。

自分の中で、こうなる原因はとっても明白だと思っています。
「開発工程を知らないから」です。

開発工程を知らない管理者がいるITプロジェクトの例を記載します。

-----------------------------------------------------------

開発工程を知らない場合、当然納期を確約できる能力は管理者にはありません。
そうなると、管理者は何をするか。
顧客に言われた通りの(無理な)納期を二つ返事で「できます」と回答し、その納期ありきでプロジェクトの進行管理を行います。

そのプロジェクト進行管理はそもそも無理があるため、技術者は納期に間に合いません。
管理者は、開発経験がないため、その原因をはっきりつかむことができません。

そうなると、今度は根性論の「早くやれ!」とくるわけです。

こういうプロジェクトに参画すると大変です。
無理なスケジュールを引くため、毎日が半徹夜状態、プロジェクト終盤になると怒号と冷たい目線の中で仕事をすることになります。

がんばって仕事をコミットしたと思ったら、管理者は「俺がきっちり管理したから何とか間に合った」と言っています。


-----------------------------------------------------------

ここに書かれている話で、「おかしいな」と思う箇所があると思います。

「そもそも管理者が開発工程を知らないとはどういうことか?」

という疑問です。

これは他の業界の方からすると、にわかには信じがたい話ですが、管理者は開発を知らない、場合によっては技術者よりも経験も年齢も浅いというパターンがきわめて多く存在します。
これは契約による理由のためです。

一次請けの会社が二次請け以降を指揮する場合です。

このプロジェクトの進め方は、実は顧客以外は大変不幸だと感じています。

一次請けの不幸:開発工程を知らないので、いつも提案が薄い。自社のみで仕事をコミットできない。結局人材は小手先だけの解決にこだわるようになる。
二次請け以降の不幸:なぜか実力も知識もない一次請け社員の指揮命令下で働かされ、激務。ストレスが多く、実入りが少ない。


・短期的にIT技術者を育成するには
いろいろ述べてきましたが、IT業界に関わる人は総務系以外全員、開発工程を担当し、小規模システムの開発をコミットできるくらいの能力を持つ必要があると考えます。
それには、多くの理由があるのですが、一番大きいのは「開発者の気持ちがわかること」でしょう。

ま、開発できないプロジェクトマネージャー、ITコンサルタントというのも私が顧客なら全く信用できないですしね。
スポンサーサイト

テーマ:経営コンサルタント - ジャンル:ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。