独立中小企業診断士Ohbaの挑戦珍しいということ
独立中小企業診断士Ohbaの挑戦
業務システムのプロフェッショナル&中小企業診断士の挑戦の日々をつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
珍しいということ
私は中小企業診断士二次試験を合格しながら、養成課程を卒業することで中小企業診断士として申請をしています。

この方法を取るには、二次試験合格よりも先に養成課程の入学を済ませる必要があります。
というのも、養成課程の入学要件に、二次試験合格者は入学できないという要件があるためです。
(ちなみに、卒業時に二次試験に合格していてはいけないという要件はありません。)


私の場合も例外ではなく、養成課程に入学したあとに二次試験を受けて合格しました。

このケースに当たる人は毎年数人いますが、そういった人は養成課程を退学して、実務補習を受けて中小企業診断士として登録する人がほぼ全員のようです。
私は独立するに当たり、十分な教育を受けなければ独立しても厳しいだろうということで養成課程卒業という道を選びました。

そんな変わったキャリアを持っているのですが、つい最近、中小企業診断士の先輩にキャリアを説明していて、
「これはおもしろいね~」
と言われました。

やはり、キャリアが珍しいというのは、話が弾みます。
そこから、自分が二次試験も養成課程もどちらも知っているということで、二次試験組の方には養成課程のことを、養成課程組の方には二次試験のことを説明できます。

やはり、自分はこの珍しいキャリアを活かして、中小企業診断士の方を輩出するお仕事ができればいいと最近は思っています。
スポンサーサイト

テーマ:経営コンサルタント - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://ohbaconsul.blog94.fc2.com/tb.php/11-8ee535a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。