独立中小企業診断士Ohbaの挑戦8月が終わりましたね
FC2ブログ
独立中小企業診断士Ohbaの挑戦
業務システムのプロフェッショナル&中小企業診断士の挑戦の日々をつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月が終わりましたね
もう気づいたら9月ですね。
時間が経つのも早いものです。

またしばらくブログを書けない日々が続いていました。
いろいろなことが変化があったので、つらつらと書いていきたいと思います。

今回は、もっとも工数を割いている講師のお話をしましょうか。

私がそもそも中小企業診断士の取得に踏み切ったのは、コンサル+講師+執筆をやりたいという思いがあったんですね。
どれもすべてやりたかった。

講師をそもそもやりたいと思うようになったのは大学受験時代ですね。

そこで、とても気の合う東大卒の講師の方がいました。
いつも黒のスーツで、化学の実験に失敗したような(?)髪型をしている異端な(ちょっとアヤシイ)イメージを持っていらっしゃる方でした。

自分もそんな異端なキャラになって生徒に講義してみたいなーと思っていたんですね。


そんなこともあって、その先生に、
「将来塾の講師をやってみたいんだけど、どうでしょう?」
と聴いたことがあります。

その先生はあっさりと、
「あ、人が減るからやめといたほうがいいよ。」
と回答されました。

そこで一旦あきらめたといえばあきらめていたのですが、良く考えたら社会人対象の講師なら間口は広がると考え、診断士での講師を検討したのです。


時制を8月に戻しますよ。

先月は、その講師を始める前段階として、多くの執筆案件に携わっていました。
自分自身こういった方面での執筆は初めてであり、やはり作るのに大変苦労してしまいました。
今も苦労していますが・・・。

ただ、この執筆の成果があったのか、次の執筆の仕事までつながり、どうやら年内はどっぷり執筆の仕事が続きそうです。

課題としては、やっぱりスピードですね。
私は仕事のスピードは速い方ですが、新しいものとなるとどうしても時間がかかってしまうものです。
執筆の熟練工になるために、執筆の仕事の取り組みに対してもPDCAサイクルを回していく必要がありそうです。


他にも飲食店コンサルティングを実践しましたが、それはまた今度の機会に。

なお、そこでのノウハウは次のセミナーでも公開しますので、興味のある方は是非セミナーにもいらしてくださいね。

セミナー詳細の詳細はこちらまで。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://ohbaconsul.blog94.fc2.com/tb.php/25-7b7b76eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。