独立中小企業診断士Ohbaの挑戦開業届の提出
独立中小企業診断士Ohbaの挑戦
業務システムのプロフェッショナル&中小企業診断士の挑戦の日々をつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開業届の提出
昨日は開業届と青色申告を税務署に提出してきました。

開業届と青色申告を申請することはあまりないと思います。
私も当然生まれて初めての経験だったこともあり、いろいろとわからないことがありました。
ですが、今日で明らかになったことを共有しておきます。


■ 開業届、青色申告ともそれぞれ2枚準備した方がよい
 開業届、青色申告とも、それぞれ2枚準備して税務署に行った方がいいです。
確定申告と同じで、控えを発行してくれるからです。
私はそれを知らず税務署に行ってしまい、その場でもう一枚を作成するハメになってしまいました。


■ 家族にすでに開業している人がいても問題ない
 私の妻はすでに個人事業主として独立しています。
妻も青色申告を行っています。
新たに自分が別事業として開業する場合、家族が開業していても何の問題もないようです。
(当然そうだとは思ってましたけどね)


■ 手続きはあっという間に終わる
 税務上の手続きは極めて素早く終わります。
見ていたところ、事務処理としては以下の2点をチェックしていました。

・開業届、青色申告のそれぞれ2枚に全く同じものが入力されているかどうか
・必須項目がすべて入力されているか

あとはハンコをトントンと押して終了でした。
1分といったところでしょうか。


総括として、申告自体はあっという間で、非常に簡単でした。

今後は事業自体を進めることに集中ですね。
本格的に事業を開始するまでにあとそろえるべきは、新しい名刺とホームページ、請求書等の書類フォーマットです。
がんばっていきます。
スポンサーサイト

テーマ:経営コンサルタント - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://ohbaconsul.blog94.fc2.com/tb.php/3-aca235df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。