独立中小企業診断士Ohbaの挑戦口述試験模擬面接官としての感想
独立中小企業診断士Ohbaの挑戦
業務システムのプロフェッショナル&中小企業診断士の挑戦の日々をつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
口述試験模擬面接官としての感想
みなさんこんにちは。

しばらく目まぐるしい執筆の毎日が続いていました。

中小企業診断士二次試験の口述試験も先週で終わり、今年の試験は無事一段落というところでしょうか。
終わるまで書いてはいけないと思い、伏せていたのですが、私自身もLECで模擬面接の面接官として、多くの受験生の方々と面接を実施していました。

いろいろ思うところがあったのですが、まずは総括を。

■ 口述試験では落とせない!

 面接官としての率直な感想です。
私は、正直もっと緊張してタジタジになったり、答えに詰まったりする人が多いと思っていました。

現実は違いますね。

みなさん、本当にハキハキと答えています。
こちらとしても、何を指摘していいか困ってしまうような方が続出です。

毎年恒例で、1割~2割落ちるなどという根拠のないうわさが流れるものですが、今年はどうなのでしょうか。
まず、1割下から並べるなどということはできません。
よっぽどなヘマをしない限り、今年も99%の合格率でいくと思います。


■ 面接官も緊張する

 私自身も、面接官として本気で受験生の方にぶつかっていきます。
ヘタな対応をしていたり、準備不足だったりすると、受験生の方にひらりとかわされてしまいます(笑)

難しい問題を1つ2つ挙げ、うまく回答できなければそこを突っ込むのが面接官の役目です。
ですから、かなりの緊張感と、高い集中力が要求される仕事でした。

おかげで、少しは臨場感を演出できたのではと思っています。


■ ポジティブなフィードバック

 数名の受講生の方から、
「LECの動画を見ました。面接についての説明が参考になりました。」
というフィードバックをいただきました。

こういった方が模擬面接で大失敗しているようでは、自分が登壇した価値が半減というものです。
しかし、実際は素晴らしい対応している方ばかりでした。

率直に非常に嬉しかったですね。

中小企業診断士として新たなキャリアを歩む最初の一歩を、少しでも後押しできたと思うと大変報われる思いです。


次回は、この間受けた更新研修の話でもしようと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://ohbaconsul.blog94.fc2.com/tb.php/38-5bc078dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。