独立中小企業診断士Ohbaの挑戦営業上で出会うトラブル~Part1~
FC2ブログ
独立中小企業診断士Ohbaの挑戦
業務システムのプロフェッショナル&中小企業診断士の挑戦の日々をつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
営業上で出会うトラブル~Part1~
こんにちは。
飲食とITに強い診断士Ohbaです。

私も独立してそろそろ1年というところですね。
長期に渡って事業を続けるには、私自身が営業ノウハウを学ぶことが重要だと考えてやってきました。
そのため、極力先輩中小企業診断士から仕事を下請けで取るのではなく、自身で何かを見つけようといろんな取り組みを行ってきました。

その結果がよかったのかがわかるのは目先の話ではありません。
ですが、営業対象を先輩中小企業診断士以外とした場合に、多くのトラブルに出会っており、そこから世の中を学ぶことができたのも事実です。

ちょっときわどい話になりますが、今回は私が体験したトラブル(っぽいものも含む)についてお話します。


■ いきなり出版社から電話が!

今回この記事を書くに至ったきっかけとなった出来事です。

ある出版社からいきなり電話がかかってきます。
「今回雑誌で記事を書こうと思っていまして、Ohbaさんのような創業間もない方を対象に、事業がうまくいっているコツや苦労話などをざっくばらんにお聞かせ願えませんか?
インタビュアーは芸能人の××さんです。」

こんな内容でしたね。
私は快くOKといったところで会話を続けていました。

とするとすぐに「では土曜の18時に○○でお会いしましょう。」
と電話を切ろうとします。

私が「いやいや、フィーについてはどうするんですか?」
と聞いたところ、ここで初めてお金の話に。
私は情報を提供して時間まで割いているのだから、対価を要求するのは当然のことです。

しかし、その出版者は、
「これはお客様から7万円いただく仕組みとなっています」
と、ここで取材しておいてさらに結構な金までせびろうとする悪質な出版社であることに気付いたのです。

私がここでフィーの話を切り出さなければあっけなく餌食になっていたことでしょうね。
(餌食=記事はすごく小さい or ほとんど載らない + 7万円を後で請求される)

そんなことで日銭を稼ぐなんてプライドはないんですかと言ってやりました。


せっかくなので、他のエピソードはまた別の日にお話しできればと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://ohbaconsul.blog94.fc2.com/tb.php/44-2b2e6496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。