独立中小企業診断士Ohbaの挑戦業務提携の必要性
独立中小企業診断士Ohbaの挑戦
業務システムのプロフェッショナル&中小企業診断士の挑戦の日々をつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
業務提携の必要性
こんにちは。
飲食とITに強い診断士Ohbaです。

今日は最近困っていることからの投稿です。

私が携わる仕事はいろいろとありますが、その中でも多くは自分の手だけでは仕事が足りないという場面によくよく出会います。

例えば新規システムの開発、これは人手がかかりますよね。
とてもではないですが、私一人では開発できません。
おそらく要件定義書の作成、各フェーズでのレビューや社内体制との調整といったところまでしかできないでしょう。

それ以外にも、法律に関する問題や就労に関する問題の対応です。
これは中小企業診断士では無理ですよね(手を出すと違法になる場合があります)。
となると弁護士や社労士の方に依頼する必要があります。

ちょっと仕事をしていてもこれだけのニーズを感じているのですから、やはり異業種の方との提携は非常に重要なポイントとなります。

じゃあ友人を各業種あたり一人知っていればOKかというと、全くそんなことはありません。

社労士や弁護士を例に挙げてみても、それぞれ強みのある分野は異なるでしょう。
また、年齢や性格など、状況によって求める人物像が違うことも大きな特徴です。
そのため、今後もいろんな活動を通じて、信頼できる人脈を作っていくことが一つの課題となります。

やはり最近は仕事に忙殺されてしまっているため、そのような活動がおろそかになっていますね。
これではダメだと改めて痛感します。
もう少し活動の場所を広げていかなくてはと思っています。

ちょっと取りとめのない話になってしまいましたね。。。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://ohbaconsul.blog94.fc2.com/tb.php/51-e077b089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。