独立中小企業診断士Ohbaの挑戦ザ・ベロシティ
独立中小企業診断士Ohbaの挑戦
業務システムのプロフェッショナル&中小企業診断士の挑戦の日々をつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・ベロシティ
みなさんこんにちは。

今週は忙しい週になりそうです。
それもこれも自分のせいなのですけどね・・・。

原因はタイトルのとおり、ザ・ベロシティを2日間で読み切ってしまったためです。
とある診断士の先生との話題で耳にしたタイトルが頭の中にあるうちに、本屋に寄る機会があり、そこで衝動買いしてしまいました。

ザ・ベロシティは、ザ・ゴールの21世紀版ということのようですね。
生産管理の問題解決を小説タッチで描いたものです。

ザ・ゴールもザ・ベロシティも生産管理の学問を学習している、というより小説を読んでいる気分になり、ストーリーの続きが気になって本を置く気になれないタイプの本です。
結局のところ、生産管理の解決方法の論点は必ずしも多くなかったのですが(論点を絞っているので当然です)、それを500ページ以上の小説につなげるという発想はいいですね。

この小説には、TOCやリーン、シックスシグマといったツールが紹介されています。
こちらは生産管理好きの人が小説を読んで理解していただければいいでしょう。

それ以上に私が感心したのが、仕事のシングルスレッド化ですね。

みなさんも経験があるかもしれませんが、仕事が大してできるわけでもないのに、自分は会社の重要人物だと見せるための方法として、「あえてたくさんの仕事を抱える」という方法があります。
わざと仕事をたくさん受け、だらだらやり、さも大変に見せる。
さらにその仕事を暗黙知化する。
そうすると、その人以外に対象の仕事をこなせる人がいなくなるので、クビを切れなくなる。

こういう人を抱えた会社は多いような気がします。

対策として、会社の仕事は極力標準化を進める、個人別にスキルマップを描く、冗長化(同じ仕事を複数の人物ができるようにすること)を持つことは常に意識しておく必要がありますね。
その上で、一つの仕事のみに集中する状態を作れば(シングルスレッド)、ごまかしがきかないのでさぼる事もできないし、仕事に対する生産性も上がります。

そういえば、難しい、とっつきづらいテーマを小説にするというのは、大学受験等でも応用できそうですよね。
ちょっとした入門書にはいいかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://ohbaconsul.blog94.fc2.com/tb.php/57-6fb19e63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。